プラセンタで眠気が来る

前へ
次へ

自律神経を整える作用やホルモンバランスを調節する作用があるプラセンタを摂取すると眠気が来ることがあります。

プラセンタと眠気の関係性について詳しく見ていきましょう。

プラセンタで眠気が来る理由

プラセンタを摂取すると眠気が来ると感じる人がいるのは以下の2つの理由からです。

自律神経を整える

自律神経とは人間の意思でコントロールできない神経です。内臓を動かしたり、ホルモンを分泌したりする神経は自律神経であり、私たちが意識していないときでも常に働き続けています。

自律神経は交感神経と副交感神経に分けられます。交感神経は運動しているときなどに働く神経で、副交感神経は睡眠時など体を落ち着けるときに働く神経です。そして、交感神経と副交感神経のバランスが取れていると、活発に動いたり、ゆっくりと休んだりできます。

ところが、強いストレスなどの影響を受けると自律神経のバランスが乱れます。睡眠時に副交感神経が優位にならず、交感神経が優位に働くとゆっくりと寝られず、体に疲れがたまります。

プラセンタには自律神経を整える神経細胞増殖因子(NGF)が含まれています。神経細胞増殖因子の働きによって交感神経と副交感神経のバランスが整えられると、寝られずに悩んでいた人が眠気を感じることがあるのです。

ホルモンバランスを整える

「メラトニン」と呼ばれるホルモンの働きも睡眠に大きな影響を与えます。メラトニンの主な働きは体内時計と連動して睡眠の準備を整えること。睡眠前にメラトニンが十分に分泌されることによって体温が下がったり、脈拍が落ち着いたりすることで脳が睡眠モードに切り替わります。

しかし、メラトニンの分泌量は加齢などの影響で減少します。メラトニンが不足すると体内時計も上手く働かず、夜に十分な睡眠をとれません。

プラセンタに含まれる神経細胞増殖因子にはメラトニンをはじめとするホルモンの分泌量を調節する働きもあります。メラトニンが十分に分泌されると眠気が来て、十分な睡眠をとれるのです。

また、神経細胞増殖因子の働きによって女性ホルモンの「エストロゲン」が正常に分泌されると、神経伝達物質の「セロトニン」の分泌量も正常化します。セロトニンにはメラトニンの分泌量を促す作用があるので、セラトニンの分泌量が増えると眠気が来ます。

プラセンタで眠気が来なくなることも

自律神経のバランスが崩れて、常に副交感神経が優位に働いている場合、プラセンタを摂取すると交感神経が働いて一時的に眠気が来なくなることもあります。この場合、プラセンタが自律神経を調節することで、正常に眠気が来るようになるので、心配しすぎる必要はありません。

まとめ

プラセンタは自律神経やホルモンバランスを調節して眠気を呼びます。ストレスなどが原因であまり寝られない人はプラセンタサプリなどを摂取して体の状態を整え、睡眠を確保しましょう。

ページのトップへ戻る