妊娠中にプラセンタの摂取は平気?

前へ
次へ

妊娠中のプラセンタ摂取に関して専門家の意見は肯定的なものと否定的なものに分かれます。これは妊婦がプラセンタを摂取することの影響に関するデータが十分に集まっていないためです。プラセンタは副作用が少ないので、重大な悪影響は起こりにくいですが、プラセンタの摂取を考えている妊婦さんはあらかじめ、担当医に相談しておくと良いでしょう。

妊娠中にプラセンタを摂取するメリット

妊娠中にプラセンタを摂取することに対して肯定的な意見を持つ人は次のようなメリットがあると考えています。

ホルモンバランスの変化によるトラブルの緩和

妊娠をするとプロゲステロンやエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌量が急激に増加します。そして、ホルモンバランスの変化はつわりなどのトラブルを引き起こします。
プラセンタにはホルモンバランスを整える作用を持つ成長因子が含まれているので、妊娠中にプラセンタを摂取するとつわりなどのトラブルを緩和できるのがメリットです。

妊娠線の予防

妊娠中期以降になるとおなかが大きくなり、妊娠線ができることがあります。妊娠線とはおなかが大きくなる時に急激に引き伸ばされた皮膚が断裂してできるもので、一度できると簡単には治せません。
妊娠線の予防に役立つのがプラセンタです。プラセンタにはコラーゲンやヒアルロン酸を増やして肌の再生を促進する繊維芽細胞増殖因子が含まれているので、皮膚の断裂による妊娠線の予防に効果を期待できます。

栄養素の摂取

哺乳類の胎盤から抽出されたプラセンタには胎児や母体にとって必要な栄養素が豊富に含まれています。そのため、つわりなどで栄養を十分に摂取できていない妊婦の健康管理や胎児の成長に役立つと考えられています。

妊娠中のプラセンタ摂取に関して知っておきたい注意点

妊娠中のプラセンタ摂取に関しては否定的な意見も存在します。プラセンタの摂取を考えている人は以下の注意点を知ったうえで担当医と相談して摂取を決めると良いでしょう。

アレルギーを引き起こす危険性がある

妊娠中は妊娠前と比べて体調が変わることが多いです。そのため、以前からプラセンタを摂取していてトラブルがなかった人でもアレルギーを起こす可能性があります。妊娠中にアレルギーを起こすと治療薬を使えない可能性もあるので、注意が必要です。

胎児が成長しすぎる可能性がある

プラセンタには細胞の増殖を促す成長因子や栄養素が豊富に含まれています。これらの働きによって胎児が成長しすぎる可能性があると考えられています。

まとめ

妊娠中のプラセンタ摂取に関しては十分なデータがないため、必ずしも安全であるとは言い切れません。つわりの緩和や妊娠線の予防、栄養の摂取を目的としてプラセンタの摂取を考えている場合は注意点を確認し、医師に相談したうえで摂取を始めましょう。

ページのトップへ戻る