プラセンタの人気摂取方法

前へ
次へ

プラセンタはさまざまな方法で摂取できますが、人気が高いのは注射かサプリメント摂取する方法です。それぞれのメリットやデメリットをご説明いたします。

プラセンタ注射

プラセンタ注射ではヒトの胎盤から抽出した栄養素や成長因子を摂取します。

プラセンタ注射のメリット

安全性が高い

副作用が少ないヒトから抽出したプラセンタを医師の判断のもとで使うプラセンタ注射は安全性が高いです。

即効性がある

注射でプラセンタを摂取するため、他の方法と比べて即効性があります。

プラセンタ注射のデメリット

保険適応でない場合費用がかかる

プラセンタ治療で保険が適応されるのは肝臓にかかわる病気や更年期障害、乳汁分泌不全を治す場合のみ。それ以外の目的で使用するときは自己負担になるため費用が掛かります。

持続性が低い

プラセンタ注射は効果が持続しにくいです。人によって差はあります、効果を維持するためには月に2回程度注射を受けなければならないことも多いです。

プラセンタサプリメント

プラセンタサプリメントは豚や馬など動物の胎盤から抽出したエキスが入ったものです。

プラセンタサプリメントのメリット

手軽に始められる

通販などで購入できるため、プラセンタを摂取したいと思ったときに手軽に始められることがメリットです。注射と比較して費用が安く、肌に傷がつく心配もありません。

効果が持続する

プラセンタサプリメントは長時間継続して飲むことで効果を発揮します。持続時間も長いため、老化防止など美容目的でプラセンタを飲みたいときはサプリメントが適しているといえるでしょう。

プラセンタサプリメントのデメリット

品質が悪い場合がある

プラセンタを加工する際に添加物が使われたり、有効成分の濃度が薄められたりしている可能性があります。

効果を実感できるまで時間がかかる

注射と比べてサプリメントは効果が現れるまで時間がかかります。一般的にはサプリメントを飲み始めた後、1~3か月経過したときに徐々に効果を感じられることが多いです。プラセンタの濃度が薄められていた場合はさらに時間がかかり、悪い場合は効果を実感できない可能性もあります。

注射やサプリメントのほかに、ドリンクや化粧品でもプラセンタを摂取できます。それぞれにメリットとデメリットがあるため、特徴をしっかりと理解して自分に合ったものを選びましょう。

即効性と持続性を両立したいときは注射とサプリメントを両立できることもあるため、医師に相談するのもおすすめです。

ページのトップへ戻る