プラセンタ注射は1アンプルからでも効果はある?

前へ
次へ

プラセンタ注射は一回で2~3アンプルを接種することが多いですが、1アンプルの接種でも定期的に続ければ効果はあると考えられています。プラセンタの注射について詳しく見ていきます。

プラセンタ注射とは?

プラセンタ注射ではヒトの胎盤から抽出されたエキスを配合した注射剤が使用されます。この注射剤は厚生労働省の認可を受けた製薬会社のみが製造でき、現在プラセンタ注射に用いられているのは「ラエンネック」と「メルスモン」のみです。

1-1.プラセンタ注射の理想的な量と頻度

プラセンタ注射は一回につき1アンプル(2ml)を毎日、もしくは隔日で摂取するのが理想です。しかし、この頻度で医療機関に通い、注射を受けるのは負担がかかるので、多くの人は週に2~3回、一回につき2~3アンプルを接種しています。

そのため、プラセンタ注射は定期的に摂取すれば一回1アンプルからでも効果があります。実際、更年期障害や乳汁分泌不全の治療のためにメルスモンを用いる場合は一回1アンプルまで保険が適用され、保険の範囲で注射を受けている人も少なくありません。

プラセンタ注射の価格

肝機能障害のためにラエンネックを一回2アンプル以内、更年期障害や乳汁分泌不全のためにメルスモンを一回1アンプル以内で注射すれば保険が適用されます。

しかし、美容目的やそれ以外の健康目的でプラセンタ注射を摂取する場合は保険の適用外です。2アンプルの接種を受けた場合は一回で2,000~9,000円程度費用がかかるため、費用を節約するために使用する注射剤の量を減らそうと考える人もたくさんいます。

頻度を増やさず、注射剤を減らしたらどうなる?

プラセンタ注射は1アンプルを毎日もしくは隔週で摂取するか、一回2~3アンプルを週に2~3回摂取するのが一般的であり、効果も高いと考えられています。そのため、一回1アンプルを週に2~3回摂取すると効果が減る可能性が高いです。

プラセンタ注射にかかる費用の節約法

プラセンタ注射の効果を減らさずにプラセンタ注射にかかる費用を節約したい場合は次の2点を参考にしてください。

クリニックを変える

保険適用外でプラセンタ注射を受ける場合、費用は医療機関によって異なります。1アンプル1,000円程度から4,500円程度まで費用に差が大きいので、一度費用を見直してみましょう。

サプリと併用する

プラセンタサプリは注射と比べて効果は表れにくいですが、費用は安いです。節約を考えている人は注射の頻度を減らし、サプリメントで効果を補うことをおすすめします。

まとめ

プラセンタ注射は1アンプルからでも効果はあると考えられています。しかし、注射剤の量や注射の頻度を減らすと効果が減ることもあるので、1アンプルまで減らすときはサプリとの併用などを考えてみると良いでしょう。

ページのトップへ戻る