お酒を飲むときはプラセンタを先に飲もう

前へ
次へ

プラセンタには豊富な栄養素や細胞の働きを活発化するさまざまな成長因子が含まれています。そして、これらは肝臓の働きを活発化する作用があるため、プラセンタを摂取するとアルコールを効率的に分解できます。

アルコールとプラセンタの関係について詳しく確認していきます。

プラセンタに含まれる成分と肝臓の働き

プラセンタに含まれる成分のうち、肝臓の働きを活発化させる作用を持つのは糖分と肝細胞増殖因子です。

糖分の働き

お酒を飲むとアルコールは肝臓の働きによって無毒化されます。肝臓にはさまざまな働きがありますが、お酒を飲んだ後はアルコールの分解が優先されるので、それ以外の働きが弱まってしまいます。これによって起こるのが糖分の不足です。肝臓には糖分をため込み、体内で糖分が不足した時にそれを供給する働きがありますが、お酒を飲んだ後はこの機能が正常に働きません。糖分は脳や体を動かすために大切な栄養素なので、お酒の飲み過ぎで糖分不足が起こると頭痛や体の痛みなどの症状が現れます。
しかし、お酒を飲む前にプラセンタを摂取しておくと糖分の不足を予防できます。プラセンタにはブドウ糖(グルコース)などの糖分が豊富に含まれています。あらかじめ、糖分を補っておくことでアルコールを飲んだ後も糖分不足にならず、酔いによる症状を防止できるのです。

肝細胞増殖因子の働き

肝細胞増殖因子(HGF)とはプラセンタに含まれる成長因子の一種であり、肝細胞の増殖や活発化を促す作用をもっていることが特徴です。
飲酒によって体内に入ったアルコールは肝臓の働きによって無毒化されて最終的には水と二酸化炭素に分解されます。アルコールの分解がスムーズに進んでいるときは悪酔いすることはありません。ところが、お酒が苦手な人やアルコール濃度が高いお酒をたくさん飲んだときはアルコールの分解速度が遅いです。アルコールが分解されなければ有毒物質の影響によって悪酔いや二日酔いの症状が現れます。
しかしながら、お酒を飲む前にプラセンタに含まれる肝細胞増殖因子を摂取しておくと肝臓の働きが活発化します。これによってアルコールの分解もスムーズに行われ、悪酔いや二日酔いを予防できるのです。

プラセンタはいつ飲めばいいの?

プラセンタはお酒を飲み始める30分程度前に摂取しておきましょう。プラセンタを摂取することによってあらかじめ、低血糖を防ぎ、肝機能を高められるので、悪酔いや二日酔いの予防につながります。
お酒を飲んだ後にプラセンタを摂取しても効果はありますが、事前に摂取しておく方が効果が高いので、普段からプラセンタサプリメントを持ち歩くと便利でしょう。

まとめ

プラセンタに含まれる糖分や肝細胞増殖因子には悪酔いや二日酔いを防ぐ効果を期待できます。飲酒の予定がある人は30分程度前にプラセンタサプリメントを摂取し、体調の悪化を予防しましょう。

ページのトップへ戻る